宗教法人 住吉神社
スミヨシジンジャ

サービス業(他に分類されないもの) | 住ノ江・住吉町・信香町 | 業種から探す
情報掲載日:2012年02月28日 16:00(最終更新日:2012年10月18日 16:59)

所在地
小樽市住ノ江2-5-1
代表者氏名
星 野 昭 雄
電話/FAX
0134-23-0785/0134-23-8002
営業時間
9:00~18:00
取扱品目・サービス
神社
URL
http://www.otarusumiyoshijinja.or.jp/
写真:宗教法人 住吉神社
sumiyosi2.jpg ○御由緒
 住吉神社は明治元年、小樽の里の平安と北前船の航海安全を祈願して創建。
 明治31年に現在地に遷座し、昭和30年に神社本庁別表神社(道内社格第3番目)に指定された。
 道内最大級の神輿(百貫神輿)をはじめ、神輿5基・馬車1台を奉安する神輿蔵を保有している。
sumiyosi3.jpg
拝殿と神輿蔵
神輿5基・馬車1台


○例大祭
 住吉神社の例大祭は通称小樽まつりと呼ばれ、明治、大正時代は札幌と函館とともに北海道三大例祭の一つに列された。
 「五穀豊穣・産業繁栄・市内平安」を祈る例大祭は7月14~16日の3日間、全市的な盛り上がりの中、盛大に斉行される。
 特に神社周辺では数多くの露店が立ち並び、15日夜の「百貫神輿御幸渡御」や明治21年から伝わる「太々神楽奉納」など老若男女氏子の心が一つとなり、かつての北のウォール街と称された小樽人魂を垣間見ることができる。
sumiyosi4.jpg sumiyosi5.jpg
小樽まつりのお昼の様子
小樽まつりの百貫神輿


sumiyosi6.JPG sumiyosi7.JPG
○成長を見守る「せたけ石」
 せたけ石(子供の身長を測る目盛りを刻んだ石碑)を市内で初めて建立。
<最大190cmまで計測>
 星野宮司からは、「せたけ石の前で記念撮影をすると毎年の成長を感じられ、親子の絆を強くするためにも良いことなので、七五三等の参拝以外にも活用してほしい。」との話を伺いました。
せたけ石の前で記念撮影


○御祈祷(主な祭事等)
 住吉神社では、人生儀礼や諸祈願を主とする社殿での御祈祷と、住居建設や工事安全など神職が直接現地へ伺ってご奉仕申し上げる諸祭儀を行っています。
 詳細については、住吉神社ホームページでご確認ください。


sumiyosi11.jpg sumiyosi9.JPG
社殿内
抜稲祭

この事業所へのアクセス

※所在地表記や周辺の建物、道路等が実際と異なることがございますので予めご了承ください。


この事業所のキーワード

神社・仏閣

この事業所と同じキーワードの事業所

Copyright ©2018 Otaru-CCI. All Rights Reserved. Powered by Movabletype4.2. Produced by Juxtaposition.