小樽商工会議所女性会
オタルショウコウカイギショジョセイカイ

サービス業(他に分類されないもの) | 稲穂
情報掲載日:2019年04月10日 18:20(最終更新日:2019年04月18日 10:35)

所在地
小樽市稲穂2丁目22番1号
代表者氏名
新 倉 敬 子
電話/FAX
0134-22-1177/0134-29-0630
営業時間
8:50~17:50
休業日
取扱品目・サービス
団体
写真:小樽商工会議所女性会
 

 小樽商工会議所女性会は、地域で商工業を営んでいる会員企業の女性経営者が集まり、企業の安定した経営と会員の資質向上のため事業を展開しています。
 また、女性ならではの視点で小樽を楽しく、明るく、環境に優しい住みやすい街にすることを目指す他、各地商工会議所女性会や女性団体との親睦、連携を図りながら地域経済の振興発展に寄与する活動を実践しています。

会員名簿
平成31年3月31日現在会員(五十音順)
会 長 / 新 倉 敬 子 (有)ダイヤワックス社 取締役社長
副会長 / 小笠原 眞結美 (株)オー・プラン 代表取締役
副会長 / 石 橋 八千代  gift of voice 代表
理 事 / 池 田 麗 子  ラブリー美容室 代表
理 事 / 稲 葉 悦 子  小樽洋菓子舗ルタオ チーフ
理 事 / 大 川 久美子 (株)丸大 大川組 代表取締役
理 事 / 片 桐 富美子 (有)片桐仏壇店 専務取締役
理 事 / 佐 野 佳 代 (有)佐野帆布 相談役
理 事 / 間 野 美 香 (株)エリアサポート・プロネット
監 事 / 越 中 瑞 江 (有)アトリエ越中 代表取締役社長
監 事 / 近 藤 美恵子  近藤工業(株) 相談役
会 員 / 日下部   瞳 美容室Akala 代表
会 員 / 高 野 知恵子 ベンジー高野商事(株) 専務取締役
会 員 / 武 田 亜 也 小樽朝里クラッセホテル 支配人
会 員 / 中 川 充 子 北海道新聞社小樽支社 支社長
会 員 / 中 村 幸 子 ジブラルタ生命保険(株)札幌北支社小樽営業所  営業課長
会 員 / 堀 内 万記子 八丸 堀内水産食品(株) 代表取締役会長
会 員 / 山 口 真三子 東畳工業㈱ 代表取締役社長
会 員 / 横 山 文 代 アトリエF・カンパニー 代表

会報「汐風」第29号(発行:平成30年12月25日)

汐風29号①.jpg

女性会セミナー定例会
「新聞を小樽の多くの方に」講師:(株)北海道新聞社小樽支社 支社長 中川 充子 氏

日時:平成30年3月22日(木) 場所:オーセントホテル小樽
中川支社長は平成29年に小樽支社では初めての女性支社長に着任された中川支社長にお話しを伺いました。ニュースをわかりやすく読者に伝え、身近に感じてほしいとの想いや、さらなる読者を増やすために、同社解説員がニュースの根本からわかりやすく伝える特集『ニュースがわかる』を毎週金曜日に紙面へ掲載した他、小学校5年生をターゲットにした『週刊まなぶん』の発行などを推進してきまたそうです。「これらの取り組みは企業としての10年後、20年後を見据えて行っています。また、子ども達には10年後、20歳になった時もニュースを身近に感じてほしいと願っています。」と中川支社長は話します。
同社の社員のうち全体の15%は女性社員で、20代の女性社員は約半数にあたり、女性の働き方も変化している中で、女性のキャリアアップの必要性や、女性管理職を育てるために、性別に関係なく仕事を与えて、チャンスがあればキャリアアップを目指すよう後輩に伝えています。「今後10年で女性管理職の割合を全体の1割まで増やす数値目標を掲げていますが、個人的には3割を目指すべきだと思っています。また、女性に限らず、ワークライフバランスを上手くとりながら活躍して働く事が大切で、企業として社員を支援する事も経営上とても大事であり、結果的に良い人材が集まり働いてくれると思っています。」と話し、さらに「紙面やネット上で情報発信する事が世の中には必要で、性別や国籍、ハンディキャップにかかわらず、情報発信ができる事が新聞の強みであり、それが新聞を読んでいただけることに繋がるのではないかと考え、読者から色々なご意見をいただきたいと思っています。」との想いを話されました。

IMG_6115.JPG  IMG_6126.JPG

小樽商工会議所創立30周年記念祝賀会
日時:平成30年2月8日(木) 場所:オーセントホテル小樽
 当女性会は昭和62年3月に道内8番目に設立、これまで会員相互の啓発・交流、自己研鑽や地域振興活動への取り組み、全国・全道大会への参加、講演会の開催等の活動を行ってきました。
記念祝賀会では、小樽商工会議所山本会頭の挨拶の後、創立から在籍している永年会員の表彰を行いました。その後の宴会では会員に当会活動についてお話しいただいたり、佐野理事らが歌を披露するなど、終始和やかな雰囲気で祝賀会は盛会に終了し、これからも地域に必要とされる団体を目指して組織強化や会の活性化に繋げるため、会員一同新たな気持ちで前に進もうと誓いました。

DSC_0649.JPG DSC_0645.JPG DSC_0627.JPG

3団体女性部合同例会を開催
 6月30日、当会主催、(公社)小樽法人会女性部会、(一社)北海道中小企業家同友会しりべし・小樽支部女性部会渚の会共催による合同例会を小樽経済センターにおいて開催しました。
 講師にはタレントの大泉洋さんらが所属する芸能プロダクション、㈱クリエイティブオフィスキュー代表取締役鈴井 亜由美さんを迎え「地域に根差したオンリーワン企業になるために」をテーマにした講演を行い、約200名に参加いただきました。
 小樽出身である鈴井社長が自ら北海道発となる芸能プロダクションを立ち上げたきっかけや、駆け出しの頃の苦労話、人気ローカル番組の大ヒットより全国に活躍の場を広げるまでの経緯など、貴重なお話を聞くことができました。
鈴井社長は「北海道の新たな良さを知りたければ、道外の人の話を聞くと、意外と自分の知らない地元の良さに気づかせてくれるかもしれない。小樽は札幌にない魅力がたくさんあるので、外から見た小樽の魅力を広めて、小樽の発展につなげてほしい。」と語り、自身は北海道の魅力を全国にアピールしたいという熱意を感じた講演会となりました。
006.JPG  DSC_0344.JPG DSC_0356.JPG

第29回全道商工会議所女性会研修交流会

096.JPG074.JPG 6月12日、第29回全道商工会議所女性会研修交流会が千歳ANAクラウンプラザホテルにおいて開催され新倉会長、小笠原副会長、池田理事、横山会員が参加しました。先立って開催された北海道商工会議所女性会連合会総会では平成26年度事業報告・収支決算報告、平成27年度事業計画案・収支予算案がいずれも承認されました。
 研修交流会では、㈱土屋ホールディングス取締役会長 土屋公三氏 による「生きがい、やりがいを育てる」の講演会が行われ、苦労しながら一代で住宅メーカーに築きあげた体験から自身の会社が「生きがい」になっていると語っていました。086.JPG
 懇親会では地元アマチュアバンドの昔懐かしい曲の演奏の中、熱気に包まれながら全道の皆さんと親睦を深めました。

ウェルカムフラワー事業
 小樽を訪れる観光客や市民に花のある風景を楽しんでもらお068.JPG071.JPG
うと6月5日、中央橋・小樽運河クルーズ発着場前で、花を植える活動を行いました。

 昨年に引き続き2回目となる今年は、あいにくの雨模様となりましたが、参加した会員は色鮮やかなゼラニウム30株と白いバコバ10株を10個のプランターに分け、運河クルーズ発着場に設置しました。

平成27年度総会・懇親会050.JPG
 5月15日、平成27年度総会・懇親会を開催しました。平成26年度事業報告・収支決算報告と平成27年度事業計画案・収支予算案について審議し、いずれも承認されました。また役員改選では新倉敬子会長(㈲ダイヤワックス社 取締役社長)が再任された他、新監事には近藤美恵子さん、他の役員は再任されました。
 懇親会では平松小樽商工会議所副会頭を来賓に迎え、小樽の活性化などの問題について意見交換を行いながら懇親を深めました。

平成27年新年会
 平成27年2月3日、オーセントホテル小樽において新年会を開催しました。小樽商工会議所 山﨑専務理事による「小樽市の現状とこれからの地方都市の在り方」と題した講演会を行った後、引き続き中松小樽市長の挨拶、小樽商工会議所 西條副会頭の乾杯で始まった新年会は料理やゲームなどで懇親を深め平成27年の女性会活動をスタートしました。

kaihou-1.JPGkaihou-2.JPG

平成26年度道央ブロック商工会議所女性会研修交流会
 平成26年11月7日、道央ブロック商工会議所女性会研修会が江別商工会議所女性会の主管により開催され、新倉会長、大川理事、稲葉会員、横山会員が参加しました。「アートスペース外輪船」で「美しい江別」実行委員会 実行委員長 町村 均 氏(江別商工会議所 副会頭)による「美しい江別・大人の食育ブランド化プロジェクト」と題した講演会が行われ、講演後はノーザンフロンティア発電所と町村農場を見学しました。

女性会セミナー平成26年度第2回定例会.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._
小樽の女性を若く元気で美しく! (有)小町屋 代表取締役 本田 純子 氏

平成26年10月21日開催
 本田社長は小樽の老舗化粧品店「小町屋」で活躍されています。小町屋商店に入社後、数年で店長を任されるようになり、その後、会社を引き継いでもらいたいとの話をいただき、2004年、有限会社小町屋の社長に就任しました。
IMG_1332.JPG これまでの人生で学んだこと
①常に目標を定め、達成したら次の目標に突き進む。
②死ぬ気になったら何でもできる~どん底に落ちてからは上に上がるのみ。
③女性としていつも輝き続け、美しくあること。
 ピンチをチャンスと捉え、人生に生きがいを感じ、生きていてよかったと思えるような人生でありたい
と前向きな日々を送られています。
 会社を経営する立場から、従業員が明るく元気なことがお客様の満足に繋がると感じ、従業員の指導に
取り組む中、市内の団体の役職を務める他、研修会の開催などにも力を入れています。「順調に過ごす人
生より、色々な事を経験した方が人間の厚みが出ると思う。この先さらなる試練があっても乗り越えて精
一杯生き、笑顔でいられる人生を送り、女性としても輝き続けたい。」と語ってくださいました。

徳島商工会議所女性会との交流懇談会

IMG_0470.JPG 平成26年9月23、24日、徳島商工会議所女性会総勢22名が来樽され、24日に経済センターにて交流懇談会を行いました。今回は女性会との交流、徳島物産のPRと北海道旅行を兼ねての訪問となりました。徳島商工会議所女性会は会員数約100名で福祉施設への慰問活動や各種講習会の開催、阿波おどりに毎年参加しています。また女性会どおしの交流も積極的に行っているそうです。徳島は「すだち」や「柚子」が有名で、それらを使ったお酢やみそなどが特産品となっており、試食をしながら懇談し、お互いの交流を深めました。

女性会セミナー平成26年度第1回定例会.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._>.._
余市・仁木をワインの里に (株)OcciGabi Winery 代表取締役 落  雅美 氏

平成26年8月21日開催
 余市の小高い丘にワイナリー醸造所とレストランが併設されているワイナリーレストランOcciGabi Winery(オチガビ ワイナリー)に伺いました。落さんはフレンチレストランのオープンを目指し、業界で有名な新潟のワイナリーリゾートを経営する落 希一郎氏を訪ねました。そこはワイナリーにレストラン・宿泊施設が併設されており、ワイナリー作りに携わりながら、いつしかワイナリーリゾートを作りたいと決意、ワイン用ぶどうの生産量が全国1位になるほどぶどう作りが盛んで、広大な景色も気に入ったことから、余市で希一郎氏と一緒にワイナリー事業を始めることを決意、平成25年11月にワイナリーレストラン「OcciGabi Winery」をオープンしました。
 今後は宿泊施設併設のワイナリーリゾートを目指しており、余市の高品質のワイン用ぶどうを活かした高級なワインを作ることで観光の付加価値を高め、たくさんの人に余市を訪れてもらいたいとの思いをお持ちです。
 余市は人口減少が進み、余市を離れる若者が少なくありません。こうした現状を変えたいという思いもあり、余市にたくさんのワイナリーとそこで働く人が増えるよう、ワイナリー事業を目指す人の育成・サポートなど、今出来ることを通じて街の役に立ちたいとの思いを語られました。
 レストランからはワイン用ぶどう畑の景色が一望でき、すばらしい景色を見ながら食事を楽しめる素敵な場所でした。IMG_2147.JPG 085.JPG

第28回全道商工会議所女性会研修交流会に参加
 平成26年6月20日、第28回全道女性会研修交流会が新富良野プリンスホテルで開催され新倉会長、大川理事が参加しました。
 研修会に先立ち開催された平成26年度北海道商工会議所女性会連合会総会では平成25年度事業報告・収支決算報告、平成26年度事業計画案・収支予算案がいずれも承認されました。
 研修交流会では、元オリンピックカーリング日本女子代表 金村萌絵氏による「一期一会~ベストを尽くせ~」と富良野演劇工場 工場長 太田竜介氏による「演劇によるまちづくり」の講演が行われ、オリンピックを経験した貴重なお話や、脚本家・倉本聰氏主宰の「富良野塾」での厳しい稽古の様子など、おもしろおかしい話で、会場は笑いにつつまれていました。
 懇親会では富良野の「北海へそ祭り」で「図腹」の列が会場内を練り歩き、へそ音頭の歌詞を口ずさみ参加者同士が踊り、熱気に包まれながら全道女性会会員の皆さんと親睦を深めました。
 
IMG_1108.JPGIMG_1112.JPGIMG_1114.JPG

女性会定例会講師と正副会長との懇談会

IMG_2051.JPG
 平成26年6月17日、オーセントホテル小樽において「女性会定例会講師と正副会長との懇談会」を開催しました。
 平成24年度から開催している定例会の講師6名をお招きし、小樽の街を盛り上げる取り組みや、訪れたお客様の多くが小樽の「ファン」になっていただけるよう日々の勉強や従業員の育成に力を入れている話を学びました。

年金セミナーを開催087.JPG

 平成26年6月17日、(公社)小樽法人会女性部会主催、(一社)北海道中小企業家同友会しりべし・小樽支部女性部会渚の会、当会共催による「年金セミナー」を小樽経済センタービルで開催しました。
 小樽年金事務所お客様相談室 室長 清水敬昭氏を講師に招き「知っておきたい年金の話~老後のために~」と題して、社会保険、遺族年金、未支給年金者、さらに今後改正となる受給資格期間の見直しや支給開始年齢の展望等についてのお話があり、参加者は真剣に学んでいました。

 ただ今新規会員を募集中です。小樽商工会議所会員企業の女性経営者や従業員の方などで、会社経営の考えや悩みを通じて情報交換をしたい方、交流を図りたい方など、会社やご自身のさらなる発展のために一緒に活動してみませんか。
 定例会ではさまざまな分野で活躍されてる女性経営者によるセミナーも開催しています。興味のある方はお気軽に事務局までお問い合わせください。

この事業所へのアクセス

※所在地表記や周辺の建物、道路等が実際と異なることがございますので予めご了承ください。


この事業所のキーワード

小樽駅周辺 | 経済団体、

この事業所と同じキーワードの事業所

硝子工房NAKAMORI | DCTツーリスト 株式会社 | ANDIAMO | 花売業kusa | ASA小樽手宮(小樽駅前) | 北嶺舎・珈琲ケルン | レストラン ラ・シュミネ | キャンドルライトカフェ&レストラン 小樽Muse(みゅーず) | 株式会社 あまとう | 食彩工房 望月 | 株式会社 樽石 | おたる ぴざはうす | 北海道銀行小樽支店 | December3 | レンタルBOX by オガタ時計店

Copyright ©2019 Otaru-CCI. All Rights Reserved. Powered by Movabletype4.2. Produced by Juxtaposition.